• 支持杭
鋼管杭は支持杭として最も優れており、確実な支持性能を期待できます。方法には直接打込み式、圧入式、埋込み式などがありま
すが、最近では回転圧入式が多く採用されています。
無振動、低騒音で施工できるので都市部や隣接家屋がある土地などでは非常に有効です。

『特徴』

  • 工期が短く、振動や騒音がほとんどでません。
  • 杭の長さは地盤深度によって、自由に設定できます。
  • 地下水の影響をほとんど受けずに、作業が可能です。
  • 圧入式、埋込み式、回転圧入式などにより、削孔による排土が少ないの
    で、残土の処分に手間がかかりません。

『工事状況』

  • 柱状改良工事
軟弱地盤や盛土、埋立地等の敷地に円柱状の穴をあけ、そこに特種撹拌装置によってセメン卜系固化材と水を混合して作った固化
材ミルクを注入し、土壌と混合撹伴して、杭状の柱体を作成します。

『特徴』

  • 工期が短く、振動や騒音がほどんと出ません。
  • 施術機械が小型なため、狭い土地でも容易に作業を行えます。
  • 比較的、施工費用が安価で行えます。
  • 軟弱土をそのまま利用しますので、土の入れ替えが不要です。

『工事状況』

  • 表層改良工事
比較的層厚の薄い軟弱地盤に、軽量の構造物を建設する際に用いる工法です。一定の深さまで掘削しセメント系固化材を混合撹梓
し、薄層転圧を繰り返して軟弱土を固化し、良貭土に改良します。

『特徴』

  • 工期が短く、戸建住宅であれば1日~2日で作業可能です。
  • N値に換算して地盤強度を確認できます。
  • 土質によって固化材の量を調整し、最適な強度に改良できます。
  • 土質に合った固化材を選定し、最適な良貭土に改良できます。

『工事状況』