• 標準貫入試験(ボーリング)
JIS 規格にもとづく試験です。サンプラーをハンマーによって 打撃貫入させて、その打撃回数によって「 N 値 」を測定します。 またサ
ウンデイングとしての役割とともに資料採取も行う事ができます。 この試験方法は世界共通の規格なため、標準貫入試験と言われ
ています。

『特徴』

  • 地盤調査で最も汎用的に用いられる試験方法です。
  • N値を測定し、地盤の強度を確認することができます。
  • N値の測定と同時に、土を採取することができるため、含水状態や、土層の
    判定、土質試験も行えます。
  • スウェーデン式サウンディング試験
スクリュウを回転させながら最大100kgの荷重をかけて、土に貫入させ、土の硬軟、締りの程度を観測して「 N 値 」を算出し解析しま
す。調査の有効深さは約15m で、玉石、磯以外の土質に適しており、最近では住宅用地の調査の主流になっています。

『特徴』

  • 最も一般的な試験の一つです。
  • 比較的簡単に試験が行え、費用も安価です。
  • 硬軟、締まり具合、土層の構成等、試験結果はN値に換算し、地盤強度を確認できます。
  • 測定データはファイルに保存でき、現場から事務所へ転送することができます。
  • 平板載荷試験
直接作用する地盤面に直接 JIS 規格に基づく基礎荷重をかけ、地盤の変型や強さなどの支持力に関する性状を調べる原位置試験
です。ただし、試験対象となる地盤は載荷板の底面からその幅程度の深さまでであり、下部に軟弱地盤がある場合にはその支持力
を適正に評価できません。

『特徴』

  • 基礎を設置する深さまで掘削を行い、実際の建物に見合う荷重をかけるので、地盤の支持力を直接確認できます。
  • 少人数で作業が可能です。
  • 比較的狭い場所でも試験を行えます。